細かいところまで注意する家づくり

注文住宅の一戸建ての家づくりで、あとから後悔する箇所というのは、幾つか出てくることがあります。例えば、収納に関してですが、シューズボックスを造り、かなりワイドで入れやすい空間をデザインしてもらったので、これであれば大丈夫だろう、と思っていたのに、実は寒い冬の季節にブーツを履く、でもそのブーツがそのシューズボックスには入らない、どうしようか、そんな悩みを抱えるようになります。スペースそのものは十分ですが、ブーツを入れるような棚を作っていなかったのです。だから冬になると、いつもブーツは仕方がなく玄関に出しっぱなしになってしまった、そんなことになるのです。ではこうしたことも事前にわかっていれば、調整ができ、そのようなブーツを置くスペースをデザインすることができたはずです。ちょっとしたことですが、細かい部分まで注意が行き届くように家づくりができれば、それだけ満足度が高まりますので、その点では繊細でありたいものです。