地方の田舎に家を建てることへの考察

ごみごみした都会を離れ、自然が豊かな地方に引っ越したい、それは良いことですが、山の中の安い土地を見つけ、そこに家を建てるということに関してはどのような注意が必要でしょうか。確かに土地そのものは安いかもしれませんが、それだけ不便な生活をすることになることを覚悟する必要があります。買いものするにも、車で20分くらい走らなければならないかもしれませんし、車が故障するようなことがあれば、救助を要請するにも時間がかかることでしょう。また山の方に家を建てる場合には、もし雨が降ると、その雨の流れが自宅の近くを通るようなことになれば、湿気やすさや地盤そのものにも不安を感じることでしょう。土砂災害などの被害を受けやすいエリアかもしれません。マイナス面ばかりを見るのも良くないですが、そうしたことを含めて理解し、それらのリスクを受け入れる覚悟があれば、自然の豊かな田舎の地域に家を建てることができますし、自然と一体となった安らぎの暮らしができるでしょう。